MENU

太っている人は性格悪いって本当ですか?特徴13選

PR:プロモーションを含みます

太っている人は性格悪いって本当ですか?

こんな疑問に答えます。

結論はデブで無くても性格の悪い人は悪いです。

太っているデメリットがあると、ひがみで性格が悪くなる可能性があります。

でも本来の自分の性格を知っていますか?

「本当の自分」を知らないからこそ、性格が悪くなっているかも知れません。

でも安心してください、気が付くだけで簡単に改善する事が可能です。

先ずは現状を知る事が重要です。

知る事で、理解すれば変える事は容易なのです。

知れば意識が変わり、意識が変われば「行動も変わる」ので大丈夫です。

なので先ずはアナタの性格を分析することが重要です。

いまなら「無料で性格を分析する」ことが可能です。

この機会を逃して知らないまま過ごすより、先ずは自身を知ってみてはいかがでしょうか?

知っているようで知らないアナタの奥底を覗いてみませんか?

予想外の結果に驚くかも知れません。

12問の性格分析でズバリ診断!

目次

性格の悪いデブの特徴は?

性格の悪いデブの特徴を13個上げてみました。

性格の悪いデブの特徴
  • 短気
  • ケチ
  • 悪口が多い
  • 被害妄想がある
  • 気が弱い
  • 器が小さい
  • ズル賢い
  • 空気が読めない
  • 他人に厳しい
  • 自己中
  • 四六時中イライラしてる
  • 言い訳が多い
  • 話を聞かない

決してデブだけではありませんが、比較的に良くある特徴です。

当てはまったら注意して改善してみてください。

無料で資料請求する

短気

何かにつけて怒りやすいのが太っている人の特徴です。

  • デブからの劣等感
  • 糖分過多からのイライラ
  • 日々が充実していない

全ては自分の責任ですが八つ当たりのようにキレやすいのが特徴です。

日々が充実している人は、多少の事では怒らない事がほとんどです。

余裕があるからですね。

短気にならない為にも、心が穏やかで日々が充実する事が大切です。

改善策

「意識的に深呼吸する」事です。

単純で簡単な作業かもしれませんが、結構効果がありますよ。

また、「無理矢理笑ってみる」事も重要です。

ニコニコすると「怒りたくても怒れなくなる」ので不思議。

簡単なので試して見てください。

ケチ

太っているはケチな人が多いです。

なぜなら自身の負担額が多いからです。

多いのが圧倒的に食費です。

理由はよく食べるし間食も多いからです。

ムダな出費があるので必然的にケチになりやすいです。

改善策

「誰かに小さなギフトを贈ってみる」事です。

高価な物は必要ありません。

ちょっとした気遣いだけでも、以外と喜ばれることが多いです。

感謝されると気持ちが良くなります。

悪口が多い

悪口が多い

悪口が多いのも肥満体型の人にある特徴です。

簡単に言えば「ひがみっぽい」です。

肥満の自分には悪いイメージでしか取り扱いされないから、目立つ人が羨ましいと感じるからです。

いつも陰でひっそりした脇役なので、主役で輝く人を見ると気に入らないと感じます。

改善策

「先ず自身を褒めて見る」事です。

「自分は素敵」「優しい」「思いやりがある」「賢い」と何でも良いです。

自身を褒めたら「相手も褒めて見る」事です。

褒められた相手から「ありがとう」と言われると気持ちが良いですよ。

気持ちよさに気が付けば、いつの間にか「悪口から褒め上手」になりますよ。

モテそうですよね。

自身が変われば全て解決する話なんです。

被害妄想がある

太っている人は意味も無く「被害妄想」がありネガティブになりやすいです。

結論は自分の体型に自信が無いからです。

見た目で判断されると分かって居るので「どうせ私なんか・・・」と考えてしまします。

場合によっては被害妄想から「逆恨み」する場合もあるでしょう。

でも問題ありません。

改善策

1度深呼吸して落ち着かせるクセをつけましょう。

思って居るほど人は他人に感心がありませんよ。

気が弱い

気が弱いのも太っている人の特徴です。

普段から目立たないようにしているため、コミュニケーションが苦手な事がほとんどです。

率先して動かない為に自身をアピール出来る機会が無いからです。

類は友を呼ぶタイプの中だけスイッチを切り換えられるのも特徴です。

改善策

なので思い切ってマッチングアプリなどでコミュニケーションの練習をしてみましょう。

免疫が無いだけで「慣れてくると以外と楽しい」かもしれません。

普段見えない世界を発見する一歩ですよ。

試して見てください。

器が小さい

器が小さい

デブに多いのが「器が小さい」事です。

人の揚げ足を取るのは得意なのに、自分の事に手の平を返します。

気持ちに余裕が無いので「相手に寛容になれない」のが原因です。

少し色々経験して「失敗や体験」をする事が大切かもしれません。

経験値が高くなると少々の事では動じなくなります。

体験を重ねると簡単に心が折れなくなります。

実は「失敗談を笑って話せる男性」はモテますよ。

ズル賢い

デブの特徴として「ズル賢い」事が多いです。

理由は「面倒くさい・自分の負担を減らしたい」からです。

何かを言い訳にして、自分は手を抜きたいのです。

そのためには平気で嘘もつくのが特徴です。

自分の信頼性を低くするだけなので止めましょう。

改善策

「面倒と思う前に行動する」クセを付けましょう。

実は習慣化しているだけで簡単にできますよ。

例えば「好きな事」なら即行動出来るのと同じです。

サクッと考える前に動くと「あれっ」と思うほど楽だと感じます。

空気が読めない

空気が読めないのも肥満体型の特徴です。

純粋に相手への配慮が出来ません。

常に自身のペースで行動しますが、周りの迷惑になっている事に気が付いて居ません。

ぼけーっとしていないで「相手が何を求めて居るのか?」を考えて見ましょう。

アナタの行動基準が相手に当てはまらない事がほとんどです。

他人に厳しい

他人に厳しい

デブの特徴は「自分に甘く他人に厳しい」事です。

相手への文句は人一倍多いのですが、自分の出来ない事は「棚の上」に上げてしまいます。

半分はひがみが入っている事がほとんどです。

✓「人の振り見て我が振り直せ」

改善策

誰かに文句を言う前に「自分自身」を見直しましょう。

先ずは自分に甘くても構いません。

相手にも同じく甘くしてみましょう。

「まっ!いっか!!」

この言葉でほとんど解決しますよ。

自己中

自己中も典型的な肥満にある特徴です。

自分の都合の良い考え方しか見いだせません。

なぜなら「開き直っている」事が多いです。

「どうせ私なんか・・・」」と思って居るので、妬みから自分勝手にやってしまいます。

相手の事を考える余裕が無いのです。

改善策

1日1つ良い事を思い浮かべましょう。

笑顔に慣れる事・人に役立った事・感謝出来た事。

小さな事でも良いので行動すると「自己肯定感」が高くなります。

気が付いたら自己中なんて無くなっていますよ。

四六時中イライラしてる

デブはいつもイライラしている事が多いです。

なぜなら「カラダに老廃物」がたまっているからです。

老廃物=毒になるので、必然的にイライラするわけです。

自分の中の「モヤモヤ」を消化する事も食べる事やゲームでしか出来ません。

改善策

試しにお散歩してみてください。

その場で足踏みするだけでもOK。

スポーツなのでカラダを動かすと、老廃物と共にストレス解消になります。

カラダを動かすとモヤモヤやイライラが収まるのは科学的にも証明されています。

モチベーションアップするならジムに通うと効果的です。

遺伝子検査で太りやすい原因を知って自分に合ったトレーニングを

言い訳が多い

言い訳が多い

言い訳が多いのも太っている人の特徴です。

常に何かの責任になすりつけてしまう事がほとんどです。

本心では分かっていますが条件反射の如くやらない理由を作りたくなります。

ようするに面倒くさいの一言です。

✓「言われているうちが花」

相手にされなくなった時には手遅れになりますよ。

改善策

意識的に言葉を変えてみてください。

「でも・だけど・しかし」を言わないだけでも気持ちが変わります。

言葉の力は行動に影響します。

言わなくなるだけでも効果を発揮します。

ステップアップするなら「ありがとう」「やってみます」と言ってみましょう。

言葉は行動に繋がるのでメリットしかありません。

話を聞かない

デブは話を聞かない事が多いです。

思考停止しているか、自分の都合の良い事しか耳に入ってきません。

コミュニケーション不足も原因にありますが、ほとんどの場合「耳の痛い話」が多いからでしょう。

アナタ話を聞かないって事は「相手もアナタに関心が無くなる」って事です。

因果応報になるので気をつけましょう。

改善策

意識して「なるほどです」と言ってみましょう。

この言葉を使うと「理解しました」と同じ効果があります。

相手の話を聞いて肯定している感じが出てよいですよ。

その後の判断は自身が行なえば良いのです。

自分のなかに落としこみ、ポジティブに考えればなお良いですね。

まとめ

いかがでしたか?

太っていても、そうで無くても当てはまったら注意して早めに改善策を実施する事が大切です。

全ての項目に当てはまるのは「常に相手ありき」と言う事です。

人間は一人では生きていけませんので、相手をリスペクトする事を忘れないようにしましょう。

まずは誰かに「ありがとう」から言って見てはいかがでしょうか?

無料で資料請求する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次