MENU

マッチングアプリで会えないのは使い方に問題がある「改善方法あり」

PR:プロモーションを含みます

マッチングアプリで出会えない悩みってありますよね?

いくらやっても女性と会うことが出来ない・・・

そんな人はもしかすると「マッチングアプリの選び方」を間違っていたり、使い方に問題があるのかもしれません。

そんなアナタに「マッチングアプリでの出会い方」について解説していきます。

目次

マッチングアプリで会えないのは使い方に問題がある

マッチングアプリで会えないのは使い方に問題がある

そもそもマッチングアプリを「どのように活用しているのか?」で結果は変わります。

マッチングアプリのポイントを掴んでいるのか?いないのか?で、会える確率が変わってしまうと言うことです。

つまり要点さえ押さえてしまえば、マッチングアプリで会える確率は上がりますよ!って事です。

ダメな例と改善方法を紹介します。

そもそも「いいね!」を押していない

そもそも「いいね!」を押していない

マッチングアプリに登録して「さぁ女性ウエルカム」と思って待っていてもマッチングすることは稀です。

そもそもマッチングアプリは「相手にいいね!」を押さないと始まりません。

基本的にマッチングアプリは女性が優位な状態にあります。

なぜなら女性のほとんどが「いいね!」を最低でも50回はもらうからです。

思い浮かべてみてください。

ぱっと見た目が良さそう女性がいたら「とりあえずいいね!押しとこ!」って思うのが男です。

そんな時ってありませんか?

そんな競争力が強い状態で待っていたら、マッチングする事はほぼありません。

改善するポイント

自分から積極的に「いいね!」を押すことが、一番マッチングアプリで重要な作業です。

使える「いいね!」は全て消費しましょう。

条件付きでもらえる「いいね!」も、活用して数を多くしましょう。

「いいね!」を押す相手を考えていない

「いいね!」を押す相手を考えていない

マッチングアプリで「いいね!」を押さないと、会う以前にマッチングしないことが分かりました。

次に「いいね!」を押す相手を考えずに押してしまうことです。

言うまでも無くプロフィールの見た目、つまり顔が綺麗な女性には沢山の「いいね!」が集まります。

そんなことも気にせず、闇雲に「いいね!」を押してしまうと、ライバルと一緒に埋もれてしまいます。

実際に人気になっている女性の「いいね!の数」は100以上で300や500の強者も存在します。

そんな所で戦っても勝ち目はほとんどありません。

それどころか「100~300通のメッセージ」に、目を通す時間すらありませんよね。

「いいね!」を押す相手を間違えると「無駄な期待と時間」だけが消費します。

改善するポイント

対策としては「いいね!」が100以下・新規会員・1ヶ月以上経過した女性を探して行くことです。

  • 100以下でも「魅力的な人なのにいいね!が少ない女性」
  • 新規会員はまだ誰ともマッチングしていないので、先行者優位に立てます。
  • 1ヶ月以上経過して、マッチングアプリに疲れている女性も狙い目です。

見逃さないように良くチェックしてみてください。

他にも共通の趣味や、共感出来るプロフィールを見つけたら、メッセージしてみましょう。

共通の話題が多い方が「親近感」を持ちやすく、ライバルよりマッチングしやすくなりますよ。

プロフィール写真に問題がある

プロフィール写真に問題がある

マッチングアプリで重要なのが「プロフィール写真」です。

特にやってはいけない写真
  • 自撮り
  • 筋肉自慢
  • 無表情
  • ナルシスト
  • ふざけた顔
  • snow加工
  • 背景が汚い

もしかすると「自撮り」で鏡越しに写真撮っていませんか?

プロフィールのメインでもある写真は、第一印象に大きく響きます。

数あるプロフィールを探すときに「メインの写真がいまいち」だとしたら、中身が良くてもチェックもせず飛ばしてしまいますよね。

そうすると「イケメン」が断然有利がと思うかもしれません。

事実イケメンの方が有利である事は確かですが「雰囲気イケメン」を目指すことは誰でも可能です。

改善するポイント

プロフィール写真を良くするだけでも「雰囲気イケメン」になれます。

つまりマッチングアプリで出会う為に、重要なのはプロフィール写真を良くすることです。

プロフィールについてはこちらから

自己紹介文に問題がある

自己紹介文に問題がある

プロフィール写真は良かった物の、自己紹介文をみたら適当でいまいちだった。。。

こんな事はマッチングアプリでは良くあります。

「典型的な定例分しか書いていない」とか「情報が少なすぎて、どんな人か分からない」自己紹介文だと女性は不安になってしまいます。

「実際に会って大丈夫なの?」「性格は?趣味は?仕事は?休みの日は何しているのかな?相性は良さそうなの?」と、疑問ばかりではマッチングに結びつきません。

改善するポイント

改善策は疑問を解き明かせば良いだけなんです。

冒頭の挨拶から「性格・趣味・仕事・ライフスタイル」など、疑問に思うそうな所を書いてあげれば良いだけです。

もし自身で分からない場合には、知人や友人に聞いてみると客観的な意見が聞けて参考になりますよ。

「自身の取説」をしっかり記入しておきましょう。

メッセージのやりとりに問題がある

メッセージのやりとりに問題がある

マッチングアプリはお互いが「いいね!」を押して、メッセージを重ねてから実際に出会います。

マッチングしても「メッセージに問題」があると、出会うことすら出来ません。

女性から「メッセージが微妙かも」と感じられると、返信もなくなり自然消滅するかマッチングを解除されます。

メッセージの失敗例①ため口

よくある失敗例は「タメ口」でのメッセージです。

そもそも考えて欲しいのですが「見ず知らずの人」に、いきなりタメ口で話す人っていませんよね?

マッチングアプリのやりとりも同じで「スマホの向こう側には相手がいる」事を忘れてはいけません。

改善するポイント

大人としての常識が疑われますので、丁寧な言葉使いでメッセージしましょう。

ポイントは、堅苦しくなりすぎない程度で敬語を使うことです。

会社の先輩などにするメッセージをイメージをすると分かりやすいですよ。

メッセージの失敗例②自分語り

会いたい気持ちが強くて、自分ばかりアピールするのはNG。

なぜなら会話はキャッチボールだからです。

相手の女性に興味を持たないと、意味が無いですよね。

改善するポイント

自身のアピールをする前に、女性が返信しやすい話題を振りましょう。

メッセージで丁寧に挨拶できたら「相手の趣味や共通すること」を話題にして見ましょう。

相手のプロフィールをよく読めば、簡単に分かる事で話題にしやすいです。

メッセージが継続しやすくなるきっかけ作りに最適です。

質問文でメッセージするのが返信のポイントです。

しかし全て質問文を送ってしまうと、女性が回答に疲れてしまうので気をつけましょう。

メッセージの失敗例③長文は

1つのメッセージに長文で送られると、読み手は疲労します。

なぜなら1つ1つの文章を読み解いていたら「面倒くさい」と感じるからです。

最初は返信するかもしれませんが「面倒くさい!」と思わせると、最終的には既読スルーされます。

改善するポイント

ポイントは1つの文章に「1個の話題」だけメッセージすることです。

沢山アピールしたい気持ちも分かりますが、気楽に返信できる程度の内容におさえておきましょう。

メッセージの話題に困ったらこちら

メッセージの失敗例④タイミング

メッセージのやりとりをする際には、タイミングも大切です。

なぜならタイミングが合わないと、迷惑と感じるからです。

例えば仕事中にメッセージが届いても見ませんよね。

改善するポイント

出来れば仕事終わりの「リラックスしている時間帯」などに、メッセージしたいものです。

逆を言えば、同じタイミングでメッセージ出来れば、気が合いそうですよね。

複数の人とやり取りしていても、直近で読めるのでメッセージが読み飛ばされなくなります。

届いたメッセージの、時間をチェックするのもありですよ。

返信してもらう為のコツは

女性から返信をもらうためにはコツがあります。

ちゃんとした挨拶をする事。

まず挨拶も出来ないで軽いノリをすると「無視されるかマッチングを解消」されます。

なぜなら相手をリスペクトしていないからです。

普通に考えて、あったことも無い初対面の人間に、軽いノリで話すこと自体が非常識ですよね?

なので最初は「〇〇さん、初めましてこんにちは!!」と挨拶をする事です。

出来ていない男性が多いだけに「ちゃんと書くと」効果がありますよ。

いいね!した理由を伝える

アナタがもし適当に「いいね!」して相手のプロフィールも確認せずにメッセージを送ったなら「出会えない」と思った方がいいです。

女性だって「私のどこに興味を持ったのかな?」って思うはずなんです。

そんな気持ちを無視して適当なメッセージをすると「なんなの!この人!!」と敬遠されます。

逆に「〇〇さんの明るそうな笑顔が気になりました!!」とか「同じ趣味が合ったので気が合いそうでメッセージしてみました」など明確な理由を伝えることが重要です。

人って「よく分からない物」には不安を覚えるので、しっかり理由を伝えることが安心感にも繋がっていくものです。

相手の興味を引く質問をする

自己紹介の挨拶といいね!した理由を伝えたら、次に「相手が興味を持つ」質問をしましょう。

なぜなら最初は質問形式にしないと返信しにくいからです。

例えば「〇〇さんよろしくお願いします。」で終わってしまうと「何を返信しよう?」と女性を悩ませてしまいます。

悩む→疲れる→面倒→既読スルー

こんな流れになることは明確です。

なので相手のプロフィールや写真から「好きな事」などを質問してみることがオススメです。

相手のフィールドで話が出来れば「返信しやすく」なりますよね。

なかなか会ってくれない女性の心理は

なかなか会ってくれない女性の心理は

マッチングしてからメッセージのやり取りあるのに「なかなか会ってくれない女性の心理」はどのような物でしょうか?

相手の心情を知ることで「デートへの誘い方」が変わっていきます。

自分の自信のなさがネックになる

本当は会ってみたいと思っているのになかなか会ってくれない女性の心理として「自分に自信が無い」事があります。

  • 実際に会ってがっかりされたらどうしよう
  • 容姿が写真と違ってイマイチだと思われたら
  • 上手に喋れるか心配
  • こんな私で大丈夫かな・・・

こんな感じで不安に思ってなかなか会えないことが良くあります。

会ってみたいと思えば思うほど失敗したくない不安から、積極的に行動出来ないのが女性の心理なんです。

そこで男性が行なう事は「女性の不安を取り除く事」です。

しっかりメッセージでコミュニケーションを取り、相手の不安を和らげるように話を聞いて褒めて上げることが大切です。

共感してあげる事で同調効果がうまれ、お互いの距離が近くなりますよ。

親近感をわかせるって大事です。

警戒している

マッチングアプリでは「犯罪に巻き込まれる」ケースも0ではありません。

変なメッセージが来たり、会ってみたら勧誘だった等の話もあったりするのがマッチング。

なので特に女性は男性より弱い生き物だから、危険だと感じたら会ってくれませんよね。

そんな女性に対しては「丁寧にやり取りを続けて打ち解けてもらう事」が重要です。

自己開示を行なってプライベートな話などをして、生活感が見てくると安心するかもしれません。

焦って無理矢理会おうとすると引かれるので根気が必要です。

恋愛対象に見られていない

気さくで楽しいだけのやり取りが続いても恋愛対象に見られないケースもあります。

話をしていたら「友達のような感じ」になってしまうと会うことは難しくなります。

女性が友達から恋愛関係に発展するケースはほとんどないので注意が必要です。

好感度は高いものの「単純に楽しい関係」だと、単なる良い人止まりになってしまう事も。

楽しくメッセージのやり取りをする事はもちろんですが、アナタからアピールして「狙っている異性です」と思わせる事も重要です。

デートに誘うコツは

会話が盛り上がっているときに相手をデートに誘う素振りを見せてみましょう。

コツとしては「女性の興味がある物」について質問することです。

例えば好きな食べ物がイタリアンだとしてら「イタリアンで〇〇って料理が美味しいお店があるので食べに行きませんか?」など興味を持たせて理由付けしてあげると誘いに応じやすくなりますよ。

実際に会う約束が出来ても「失敗すると出会えない」

実際に会う約束が出来ても「失敗すると出会えない」

マッチングできてメッセージのやりとりが続いても、実際に出会う約束が取り付けないと意味がありません。

男性よりチカラの弱い女性は、男性と違ってマッチングに不安を感じる物です。

女性が思う不安
  • 遊ばれてしまうのではないか?
  • 実は結婚しているのではないか?
  • イメージと違ったらどうしよう・・・
  • 相性はよさそうなのかな・・・
  • すぐ会うと軽い女だと思われないか・・・

こんな不安を感じます。

なので安心感も無い状態で「実際に会って話しませんか?」と言われても不安しかありません。

つまりお断りされてしまいます。

そんなアナタに必要な事は「信頼性を高める事」です。

改善するポイント

女性から信頼性を得るには
  • 自己紹介文をしっかり書く
  • 写真は分かりやすい物を選ぶ
  • 相手の話を聞きつつ自分の話もする
  • 独身証明を提出する
  • 焦って会おうとしない
  • 先ずは電話やZOOMでもOKする

なにより信頼性を獲得するには、コミュニケーションが大切。

ポイントとしては、メッセージのやり取りを7~10日くらい行なった後に誘うことです。

1日に1~2通のやり取りでも7~20通くらいのメッセージが出来ますよね。

ある程度のメッセージが続くと、親近感や安心感が生まれ女性の警戒心が解けてきます。

「この人なら会っても大丈夫かな?」「共通の話で盛り上がれそうかな?」と感じてもらえれば、食事に誘うことも可能になるはずです。

お誘いしてから実際に会うまではマッチングしてから「遅くてもら1ヶ月以内」が良いでしょう。

メッセージのやり取りで10日くらいで2週間くらいでデートに行けるのがオススメです。

あまりに長い期間メッセージのやり取りをしても「会う気がないのかな?」「デートに誘ってくれないのかな?」と疑問に思われてしまいます。

いつまでも「ダラダラメッセージのやりとり」を続けるとライバルに先を越されます。

タイミングが整ったらチャレンジして誘ってみましょう。

誘う際には「無理の無い程度にLINE交換」もお願いしてみましょう。

マッチングアプリのメッセージでは、「出会う際の連絡に不便」だと、口実を付けてあげると交換しやすくなりますよ。

LINEを交換することで、より親近感がわいて距離が縮まりやすくなります。

直接会えないなら「オンラインデート」もあり

直接会えないなら「オンラインデート」もあり

最近では「感染症」の心配からも、なかなかデートが出来なくて、マッチングアプリで知り合っても会えないことがあります。

確かに対面では不安がなきにしもあらずです。

そんな会えない時にも、出来る事があるので紹介します。

LINEテレビ電話・ZOOM・スカイプなどを活用する

直接のデートが出来なくてもオンラインでお話する事が可能です。

恋愛婚活ラボの2021年の統計調査では首都圏だと、4人に1人はオンラインデートの経験者だったそうです。

時代に合ったデート方法としてオンラインデートは有効だと感じているもよう。

LINEテレビ電話・ZOOM・スカイプなどを活用すれば、自宅で対面してユックリお話する事が可能です。

オンライン飲み会をしたり共有する時間を作る事が大切です。

最近のマッチングアプリの中にはLINE・ZOOM・スカイプの代わりになる物が実装されているケースもあります。

実際に会えた方が実感がわくかもしれませんが、オンラインならではの時間の共有が「お互いを知るきっかけ」になるかもしれませんよ。

対面で話すよりざっくばらんに素が出せそうですね。

マッチングアプリで会えないなら「オンライン婚活」

マッチングアプリでは、自身が上手くマッチングさせないと会うことも出来ません。

マッチングアプリで上手く会えなくて、悩むアナタには「オンライン婚活」がオススメです。

なぜなら結婚相談所が行なうオンライン婚活なので、サポート力が変わるからです。

日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店が運営している所なら、安心して婚活で出会いを探すことも出来ますよね。

真面目に成婚を目指す人には「オンライン婚活」で、理想のお相手を探す方法かもしれません。

対面式の結婚相談所ではない、新しいスタイルにチャレンジしてみるのもアリですよ。

マッチングアプリで気になる疑問

マッチングアプリで気になる疑問

マッチングアプリの出会いに良くある疑問を上げてみます。

  • 本当に出会いがあるのかな?
  • マッチングしたけど相性が悪かったら
  • 複数ではなく1つのマッチングアプリの方が出会えるの?

順番に解説します。

本当に出会いがあるのかな?

マッチングアプリで本当に出会えているのか?疑問に思うかもしれません。

20代から50代約1650名での統計調査では、女性は72.6%で、男性は65.0%が実際に出会えています。

お付き合いに発展した女性は43.9%で、男性は38.6%。

結婚ゴールした女性は10.3%で、男性は6.6%でした。

引用:情報サイト【tricoi(トリコイ)】

男性の方が女性より出会える確率は低いかもしれませんが、確実に出会いがあることが調査で明らかになっています。

もし自身がなかなか出会えないのでしたら、やり方を見直してみると良いかもしれません。

マッチングしたけど相性が悪かったら

マッチングアプリで出会えて会ってデートしてももの、なんとなく会わないって事は良くあります。

お互いに初対面で緊張もするし、アプリでのイメージと実際に会った印象が違うと感じる事も。

そんな時には無理せず次回のデートをする必要はありません。

お相手に会ってくれたお礼と、相性が良くなかった事をそれとなく伝えましょう。

良くあるパターンはデート後に音信不通になるケース。

普通に返信してこない人もいますので、相手から返信が無くても深く気にしないようにしましょう。

次の出会いを探すことを優先させるべきですよ。

メッセージのやり取りばかりで進展しないときは

メッセージのやり取りだけが続くものの、その先への進展がない場合には次の恋を探してみましょう。

なぜなら時間だけが無駄にすぎてしまうからです。

世の中に女性は1人だけではありませんので、いつまでたってもあってくれないようなら次の恋へチャレンジする方がオススメです。

過去の経験則でマッチングしたは良いのですが「いつまでたってもメッセージのやり取りばかり」で食事に誘っても「何かを理由」に断られました。

結果的に色々な事を理由にして会いたくなかったようですが、その一言が言えずダラダラメッセージを続けたそうです。

こんな事で自分の大切な時間を使い続けると、いつまでたっても出会うことが出来ません。

特に「真面目」な男性ほど1人と一生懸命やり取りする傾向にあります。

実際にお付き合いしているわけではないので、複数の相手とマッチングしてメッセージのやり取りをすすめることがオススメです。

もしかすると「イヤ相手に悪いから」と思うかもしれません。

しかし相手方も「やり取りしていないよ」と言いつつも「ほとんどの人」が複数の相手とメッセージしていますから。

特に女性に至ってはマッチングアプリでは沢山の人からメッセージが来て、その中から選り好みしていますので男性も色々な女性とやり取りすることがオススメです。

沢山の女性とメッセージすることで「女性とのやり取り」も学習出来るし、慣れてくるので複数人とやり取りしても損は無いと思います。

2度と戻らない大切な時間を1人に集中しているとマッチングアプリで出会えなくなってしまいますよ。

複数ではなく1つのマッチングアプリの方が出会えるの?

マッチングアプリは複数入れて活動したら相手に悪いかな?って思う人もいるかもしれません。

結論は「複数入れて活動しましょう!」です。

なぜならマッチングアプリは、皆さん普通に複数入れているからです。

真剣に出会いを求めて居るだけなので、アプリの数を増やして出会いの範囲を広げることは問題ありません。

色々なアプリを使うことで、様々な異性と知り合うが増えるのに、使わない手はありませんよね?

真剣交際に発展したら、マッチングアプリを削除すれば良いだけです。

いくつか試して相性のよいマッチングアプリを探さないと、出会いのチャンスをのがしてしまいますよ。

マッチングアプリの選び方に問題がある

マッチングアプリの選び方に問題がある

マッチングアプリは目的や年齢に適したアプリが存在しています。

例えば20代前半に人気のアプリに、40代が登録しても浮いてしまいます。

結婚を意識しているアプリに、遊びたい人を探すのもまた違いますよね。

つまり自身の終着点に見合った、マッチングアプリを選ぶ事が重要です。

4つの項目で出会いを選ぶ

4つの項目で出会いを選ぶ

人気すぎるマッチングアプリでは「ライバルが多すぎる」のであえて紹介しません。

極力競合が少ないマッチングアプリの方が、出会う方が確立が高くなるかもしれません。

4つの項目に分けてみましたので、参考にしてみてください。

  1. 遊びたい人
  2. 内面重視なら
  3. バツ1でもOKや結婚を考えている人
  4. 婚活が目的なら

アプリは複数入れて掛け持ちした方が良い

マッチングアプリの登録は基本的に無料です。

選択肢は沢山ありますので、1つに絞らず複数のマッチングアプリに登録するのが大事。

なぜなら、複数入れた方が確率があがるからです。

無料で始めて閲覧して、反応の良いマッチングアプリを有料化して使うのがベスト。

1ずつ試していくより、集中して活動した方が短期間で済みますよね。

もし1~3ヶ月行なって合わなければ、別のマッチングアプリに変えます。

1つのマッチングアプリだけでは、相性のよい子が見つかるか分からないですよね。

今時マッチングアプリは、3つ4つ登録するのは当たり前になっています。

無料なので、チャンスを逃さないように入れておきましょう。

有料料金が気になるあなたに

もしかすると、ここまで読んでも、有料料金が高いと思うかもしれません。

しかし月々数千円で「可愛い彼女」を見つけるチャンスがあるなら安くないですか?

もしたった数千円も払えないようなら、本気でマッチングアプリに挑む覚悟が無いと思います。

1ヶ月で毎日の缶コーヒーを止めるだけでも数千円です。

捻出するのはそんなに難しい事ではありませんよね?

なので有料料金は、決して高い費用ではありません。

臆せずチャレンジして、彼女をゲットしましょう。

遊びたい人のマッチングアプリ

遊びたい人のマッチングアプリ

まずは「遊びたい人」です。

20代前半など「まだまだ遊びたい男性」が入れておきたいアプリです。

内面重視にこだわるマッチングアプリ

内面重視にこだわるマッチングアプリ

次に「内面重視」です。

20代から30代で「少し落ち着いて内面も重視したい男性」向きのマッチングアプリです。

✓内面重視なら

バツ1でもOK・結婚を考えている人

バツ1でもOK・結婚を考えている人

「バツ1でもOKの人や結婚を考えている人」はこちら。

✓バツ1でもOKや結婚を考えている人

マッチングアプリより婚活したい人

マッチングアプリより婚活したい人

マッチングアプリの出会いより「より本格的な婚活」なら結婚相談所が便利です。

自身にあいそうな所を選択し、活動するのがポイントです。

何よりも「先ずは登録して始めないこと」には、何も始まりませんよね。

1回目に会う時の注意点

1回目に会う時の注意点

ようやっと出会えてデートをしたけど、次回のお誘いが出来ないと意味がありませんよね。

そんな次回のデートにつなげるためにも、1回目のデートは重要です。

注意点はこちらです。

  • 丸1日のデートプランをたてない
  • 女性の話を聞いて盛り上げる
  • 出会えたことを喜び感謝する
  • 失敗しても次がある

順番に解説します。

1日のデートプランをたてない

初回では1日のデートプランを立てるのは止めましょう。

なぜならお互い始めてで、緊張して気疲れするからです。

丸1日のデートだと会話に困ったり、相性が合わなかったりすると、重たい雰囲気になります。

ポイントは軽く2時間くらいの食事を楽しむのがベスト。

女性が好みそうなレストランを予約すれば「美味しいご飯が食べられる」、と言った大義名分が出来ますよね。

気軽にご飯を食べながら会話するくらいが、気軽で丁度良いのです。

楽しく会話して、ちょっともの足らない位が「また会って話したいな」と、言った気持ちにさせやすいです。

つまり次回も誘いやすいって事です。

女性の話を聞いて盛り上げる

デートの会話で重要なのが、女性との会話を盛り上げること。

とは言ってもやり方は簡単で「女性の話を聞いて共感する事」です。

女性は男性に比べて「自分が話したい」と思っています。

なので会話の途中で相槌を打う事で、より共感してくれたと満足するでしょう。

やってはいけないのが、論理的に解決策を言うことです。

男性は結論を重視して、論理的に話をする事を好みます。

しかし女性は感情型なので、解決策など欲しくありません。

重要なのは話を聞いて共感してくれる事。

女性が気持ちよく話せる環境作りが、次回への印象に繋がりますよ。

途中で遮らず黙って聞いて、会話のコシを折らないようにしましょう。

聞き上手はモテる男性の特徴です。

出会えたことを喜び感謝する

女性と出会えたことを喜び感謝しましょう。

初デートは緊張するかもしれませんが、会えた喜びを伝えて感謝し、楽しむのがポイントです。

なぜなら楽しそうにしている男性を見ていて、女性も共感して楽しく感じるからです。

ニコニコ笑って楽しそうに会話をしている人をみて、不快に思う人はいませんよね。

変に緊張して構えてしまうと、相手に緊張感が伝わり、お互いにぎこちなくなります。

「なんとか彼女にしたい」など意識しないで、純粋に出会えたことを感謝すれば気持ちが楽になりますよ。

変に意識しないで、自然体で楽しむ方が結果的に上手くいく物です。

失敗しても次がある

マッチングアプリでの初対面では、上手く行かないことの方が断然多いです。

なぜなら知らない男女が始めて合うので、「実際に合ったら相性が合わなかった」なんて事があるからです。

一生懸命エスコートをしても、会話が上手く弾まないことだって普通にあります。

もし仮に上手くいかなくても、気にしないことが大切です。

1度の失敗を引きずってしまうと、次にすすめなくなります。

縁が無かったと思って、次の女性にアタックしましょう。

マッチングアプリは使い方次第で出会えるもの

マッチングアプリは使い方次第で出会えるもの

マッチングアプリの使い方を理解したら、実践で使ってみましょう。

コツさえ掴めば出会えるのが、マッチングアプリの魅力です。

読んだ内容をマッチングアプリと照らし合わせて、使い方をマスターしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次